• マーケティング調査とは

    Date: 2014.03.19 | Category: WEBのノウハウ | Response: 0

    経営戦略、事業戦略上欠かせないマーケティング調査とは、一言でいうと「企業の独りよがりにならないため」に行われる調査です。企業が「世の中はこんな商品やサービスを求めているはずだ!」と提供していても、実は消費者には不要だった場合、商品やサービスが売れるわけはありません。

    消費者が求めるものを提供してこそ、企業は利益を上げることが出来るのです。利益を上げるだけではなく、コスト削減につながる事も往々にしてあります。

    マーケティング調査とは、例え時間や労力、お金がかかっても行うべき調査だと言えるでしょう。特にWEBマーケティングには欠かせません。

    マーケティング調査とは、まず消費者が求めているものやサービスを知る事から始まります。はがきやメール、アンケートサイトなどを通して消費者の意見を集め、分析していくのですが、なるべく母数が多くなるような方法を選択すると効果的でしょう。

    電話をかけてアンケートをとる方法などもありますが、それより業界のイベント会場でアンケートを取ったり、自社サイトから購入してくれた顧客へ、注文完了画面においてアンケートを取るなど、なるべく多くの調査を行うのです。

    マーケティング調査で重要なのは、ターゲット層に対し行う事、そして調査する内容だと言われています。マーケティング調査を専門的に行う会社に依頼する場合は、同じ業界での実績を積んでいる事がポイントになるでしょう。

    調査内容が不十分だと、どれだけ多くの調査結果が出たとしても、その情報はゴミの山となり兼ねません。ターゲット層に近い事、商品開発や改善等に使える情報を収集、分析できる点を抑えることが肝心です。

  • バズマーケティング

    Date: 2014.03.19 | Category: WEBのノウハウ | Response: 0

    マーケティグ用語として耳にすることがあるバズマーケティングとは、実は古くから行われているマーケティング手法で、いわゆる「口コミ」を利用した手法の一つです。

    バズマーケティングの「バズ」とは、多くの人々がざわざわとざわめいている様子が、蜂がぶんぶん飛び回る音に似ているためにつけられたネーミングとして知られています。

    商品や企業の認知度が低く、広告を利用しても集客に繋がらない、商品の魅力を上手く伝えることが出来ない、検索上位には来ているものの、アクセス数が極端に少ないなどの悩みを抱えていても、バズマーケティングで一気に販売数が伸びる可能性があります。

    顧客が漠然と、「こんなものが欲しいな」と思って検索をしている時に、初めて見る企業やブランド商品をいきなり購入するのは、他に同じような商品が販売されていないなど特殊性がある場合や、よほど商品に魅力を感じられた場合に限ります。

    多くの顧客は、初めて見る商品に関しては、一旦購入を見送るという行動を起こすでしょう。ですが口コミによってその商品の評判や実際に使用してみた感想を知る事で、「実際はこうなんだ」「評判が良いから使ってみたい」と購買意欲が刺激されるのです。

    バズマーケティングは、この購買意欲を高めるために用いられるマーケティング手法として古くから使われています。

    単なる商品レビューとは異なり、商品販売ページとは関係のないTwitterやブログなどを通して口コミの量が増える事を目的としています。特にターゲット層が集まる場を特定し、人気の高いブロガーなど影響力が強い人を軸に展開される手法も増えています。

  • WEBマーケティングのソーシャルメディア

    Date: 2014.03.19 | Category: WEBのノウハウ | Response: 0

    ブログ、Twitterだけではなく、気になるあの商品のカスタマーレビューも「ソーシャルメディア」の一つとされています。今やソーシャルメディアに触れずに一日が終わることはないと言えるほど、私たちは多くの会話やつながりに囲まれて暮らしているのです。

    ソーシャルメディアというと、何か特別なもののようですが、本質は「駅の伝言板」です。情報を発信する場であり、受け取る場がソーシャルメディアですから、いわばブログもフェイスブックも駅の伝言板と同じだと言えます。

    その伝言板を上手く活用することで、商品に関する率直な意見を収集し、企業への要望を受け取り、また企業と消費者が直にコミュニケーションを取れるようにもなります。

    WEBコンサルティングにおいて、ソーシャルメディアを無視する事は出来ないところまできています。駅の伝言板は特定の駅を利用する人たちだけが活用しますが、ソーシャルメディアは世界中が利用できる大きな伝言板です。

    このソーシャルメディアを、顧客との対話の場としたり、商品プロモーションの場としたり、顧客サービスに利用したり、マーケティングの場として利用しない手はありません。

    WEBコンサルティングでは、ソーシャルメディアの活用として様々な利用法を提案します。どのような組み合わせでソーシャルメディアを利用していくかは、事業内容や商品の特性によって異なりますので、WEBコンサルタントの力量が問われるでしょう。

    [関連サイト]
    WEBマーケティング – マーケティングに関するノウハウを身につけれます

  • WEBコンサルティング ECサイト編

    Date: 2014.03.19 | Category: WEBのノウハウ | Response: 0

    インターネット上には、実に様々なサイトが展開されています。ブログ、ニュースサイト、趣味に関するポータルサイト、掲示板など様々です。

    その中で、「商品を紹介し、決済方法を取り揃え、住所や名前の個人情報を元に商品を販売する」、いわゆるネットショップやオンラインショッピングサイトのことを、ECサイトと呼びます。

    ECサイトは、自社商品を自社が運営するWEBサイトで販売する個人商店のようなサイトと、あるWEBサイトに複数の企業の商品を集め販売するオンラインモールがあります。

    いずれにしてもECサイトは、遊びの場ではなく商売の場であることに変わりありません。その為ECサイトの運営者は、商品がより売れるようにWEBコンサルティングに依頼する事が非常に多いのです。

    ECサイトは、WEBコンサルティングが扱うサイトとしても割合は非常に多く、中にはECサイトを。代行して運営するサービスを提供するコンサルティング会社もあるほどです。

    おすすめのWEBコンサルティングは、WEB専門用語などに精通していないクライアントにも、ECサイトに必要な特徴などを丁寧に説明し、商材とクライアントが持つサイトイメージに隔たりがあれば調整し、アドバイスを的確に行える会社です。

    結果を出せるECサイトは、やはりWEBコンサルタントをパートナーとして運営するサイトによくみられるようです。

    クライアントとコミュニケーションを密にとり、結果を出せるECサイトを作り上げられるWEBコンサルティングに、一度相談してみてはいかがでしょうか。

    [その他のおすすめサイト]
    WEBコンサルティング – ECサイトに関しても紹介されています

  • WEBコンサルティングのアクセス解析

    Date: 2014.03.19 | Category: WEBのノウハウ | Response: 0

    WEBコンサルティングの業務は、多くの調査、分析を行った上で改善点を見出し戦略を立てていく必要があります。その中でも、アクセス解析はWEBコンサルティングならではの、重要な手法の一つといって良いでしょう。

    アクセス解析とは、一般ユーザーがクライアントのサイトを開くまでの行動、サイトを閲覧した後の行動、アクセス数、そして成果数などを分析する事を指します。このアクセス解析を行わなければ、現状を知る事も改善点がどこにあるかを知る事も出来ません。

    このアクセス解析の結果を見ると、数字やグラフなどの視覚から、ユーザーの行動を把握する事ができますので、WEBサイトそのもののコンテンツ改善や、広告戦略、マーケティング計画などを今後のWEB戦略に反映させていくことが出来るのです。

    このアクセス解析は、WEBにおける深い知識と共に、WEBマーケティング知識を持ち合わせてこそ生きてきます。WEBマーケティング会社の中には、アクセス解析コンサルタントを別枠に設けているところもあるほどです。

    既存のWEBサイトのアクセス解析を軸に、WEBコンサルティングによる改善を行う事で飛躍的な成果を見る企業は非常に多く、定期的にアクセス解析を行う必要性を感じていることがよく分かります。

    WEBコンサルティングでは、アクセス解析なくして語る事が出来ない程、重要な手法という位置づけです。モニタリング調査、アンケート調査後のアクセス解析も大いに事業戦略の役に立ちますので、行き詰まりを感じているのであれば、WEBコンサルティングとしてアクセス解析を依頼する事をおすすめします。